多くの男性を悩ませる勃起不全勃起不全(ED)は、勃起不全(ED)治療薬を利用して、治す方法や、運動、睡眠、から治療する方法もあります。

勃起不全(ED)とは、英語Erctil Dysfunctionの略で、勃起不全ともよばれています。勃起不全(ED)の症状としては、勃起がうまくいかない、硬い状態を維持できず、満足なセックスを行えないなどが挙げられます。男性にとって、深刻な問題です。しかし、勃起不全(ED)は特に予兆などがありません。30代からの男性に多く見られるものであり、早い人では20代で経験する人もいます。20~40代の男性では、50%以上の方が勃起不全(ED)患者であるという調査結果もあります。

EDの治し方

勃起不全(ED)治療薬

勃起不全(ED)の誘因としては、睡眠、ストレス、生活習慣病などがあげられます。勃起不全(ED)は性機能障害で、専門病院で治療を受ける必要があります。しかし、勃起不全(ED)を他人に話すのがとても恥ずかしいことで、そんなわけで、病院にいけない男性が多いです。デリケートな部分ではありますが、適切に治すためには専門家の診察を受けるようにしましょう。

専門病院を受診すると、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの勃起不全(ED)治療薬が処方されます。これらの薬の有効性は80%以上あると言われています。薬のほかにカウンセリングと合わせて治療が行われます。

運動

勃起不全(ED)治療薬

運動不足もEDに繋ぎます。ED改善する運動として、有酸素運動が一番です。中にはスクワットは効果的です。

骨盤の底部に広がる膀胱など、内蔵器官が下に垂れさがってくるのを支える筋肉群を骨盤低筋群と言いますが、これを鍛える事で勃起不全(ED)治療に役立つと言われています。他にも大腿四頭筋と大殿筋を鍛える事ができますが、これらは体の中で最大の筋肉なので、ここを鍛える事は、トレーニングとして最大の効果が期待できます。

トレーニングをすると一時的にテストステロンの分泌を促します。やがて減少しますが、筋肉が肥大し、続ける事により筋肉を維持する為に、テストステロン濃度が恒常的に高くなるようになります。肥大した筋肉によって代謝が上がり、カロリー消費も増加します。

ただしサイクリングは、性器がサドルに圧迫される事で、逆に勃起不全(ED)に引き起こす恐れがあります。長時間使用のが避けて、圧迫しないように柔らかいサドルにするなど対策が必要かもしれません。

睡眠

睡眠不足も勃起不全(ED)の誘因の一つです。ちゃんと、睡眠をとるようにしてください。寝る前に、できるだけ携帯などいじってないで、普段、眠る時間を1時間前に調整しましょう。

勃起不全(ED)を防ぐのには生活習慣から見直すべきです。忙しい現代社会では難しいかもしれませんが、外食を和食にしてみる、駅などではなるべく階段を使うなど、出来る事から少しずつでも始めるよう心掛けましょう。