ED改善といったら、まず、生活習慣から見直す必要があります。適度な運動やトレーニングもEDの予防・改善に大いに役立ちます。

運動やトレーニングもEDの予防・改善

運動やトレーニングがED治療に有効な理由は、血流改善にあります。正常な勃起を行うためには、陰茎海綿体にしっかりと血液が流れ込むことが重要です。

これは逆に言えば、ED改善するには血流も改善する必要が有ります。血行不良は普段の食生活によっても引き起こされますが、運動不足による筋力の低下も血行不良に大きく関わってきます。血行不良の改善のためには、運動は欠かせないのです。また、運動によって、勃起に必要な男性ホルモン、テストステロンが分泌されます。基本的には有酸素運動が効果的であり、ランニングやジョギングといった運動はEDの予防・改善に大きな効果があるとされています。

PC筋トレーニング


PC筋トレーニング

また、ED改善専門のトレーニングもあります。それはPC筋トレーニングです。

PC筋というのはペニスの根元から肛門にかけて、にある筋肉(平滑筋)のことです。この部分は勃起する時に、また、肛門や膀胱といった排泄する時に使う筋肉です。PC筋はペニスへの血流を増やすポンプの役目を果したり、血液がペニスから体内に戻ってしまわないように圧迫したりと勃起に大きく影響を与えることができます。

つまり、PC筋を鍛えることで、ペニスへの血流がよくし、勃起も強くなります。ここで、PC筋トレーニングの具体的な方法について説明します。

  • 肛門を締めます。
  • これから5秒ぐらいKEEPします。
  • その後、 徐々に緩めて普通の状態に戻します。
  • 最後に緩めた状態を5秒KEEPします。

これが1セットになります。これを朝、昼、晩に毎日10回ずつ行います。どんな体勢でも構わいません。立ち状態でも、横になった状態でもトレーニングでも大丈夫です。痛みなどがある場合は無理をせずに回数を減らすか、休みを取りましょう。無理をしすぎて筋肉を痛めてしまっては逆効果です。

PC筋トレーニングを数週間で、効果がしっかり体験できます。ただし、PC筋は鍛えしにくい筋肉です。トレーニングを怠ると、すぐ、元の状態に戻り、台無しです。常に意識して鍛えることが重要になります。半年がちょうどよいです。

ちなみに、下半身の運動もPC筋に良い影響を与えることができます。下半身の運動もPC筋を支えることにつながりますし、足は第二の心臓とも言われ、血液の循環に大きな影響を与えることができます。下半身を鍛える運動の中でも特にスクワットはEDに効果があると言われています。積極的にスクワットも取り入れるとよいでしょう。