バイアグラはED治療ために、開発した薬です。勃起薬とも呼ばれいます。見た目は青い菱形状の薬で、中に白い薬剤が入っています。

バイアグラの成分として、「シルデナフィル」という成分が含まれていて、この成分が血流を改善して、EDを治療します。元々狭心症の治療薬にとして開発された成分ですが、ある実験に服用した人の中からEDの症状が改善された、という報告があったことによって、シルデナフィルにEDの症状改善効果が認められて、その後、4年をかけて、1998年にアメリカで世界初のED治療薬として発売され始めた、という物語があります。

副作用について

副作用について

もともと狭心症の治療薬であるバイアグラは人によりますが、約9割の人に副作用が報告されています。

副作用として、「めまい」「顔のほてり」「頭痛」の3つがよく見られます。。これらの症状が現れる理由として、バイアグラを服用することによって急激に血流の流れを抑える酵素の抑制がペニスだけではなく、身体全体の血行がよくなるから、と言われています。頭痛は脳内にある血管が拡張することによって脳が圧迫され、内部の痛覚に影響する神経が圧迫されることによって起こると言われています。

他には胸の痛みや動機、頻脈、鼻炎のような鼻詰まり、筋肉痛のような腰痛、腰背痛、消化不良による下痢、視界が青っぽくなる視覚異常が副作用症状として現れます。鼻血などの症状は性行為を行っている最中に起こってしまうとちょっとしたパニックになってしまうので、普段よりも多めにティッシュを用意しておくなどの対策を取っておくようにしましょう。

過度の摂取は失明したという報告もあるので必ず用法、用量をを守る事。副作用に関係なく心臓が弱い方は注意。本物と偽物両方とも副作用は出ますが、出方が違うので、まずは正規品の副作用を知っておかないと、偽物の異変に気付かない場合があります。

副作用のまとめ

まとめ

バイアグラはED治療薬の中で最も効果が強い薬とされています。持続性は5~6時間と短いですが、範囲内で何度も性行為が行えます。効果が強い一方、副作用のリスクも大きいと言われています。初めて飲むときは一番小さい25mgから、使用方法をちゃんと守って服用していれば、まったく感じないケースもあります。