バイアグラは世界初めてのED治療薬で、2000年直前にアメリカファイザー社が発表して以来、世界中の男性に応援されています。現在でも絶大の人気を持って、トップクラスのED治療薬です。バイアグラは強い血管広げる作用をもっています。そのためED治療薬の中では効果がストレートに出ると言われ、効果がすぐに実感できて、これが好みで、何度もリピーターして、バイアグラしか使わないという人がたくさんいます。

効果について

バイアグラ主成分として、シルデナフィルが配合しております。シルデナフィルは血管を広げて、血流を良くします。そして勃起を妨害する酵素であるPDE5の効果を阻害する作用も持っており勃起を正常に行えるようにします。PDE5はサイクリックGMPという血管を広げるする物質を分解する効果があります。酵素PDE5の量が多ければサイクリックGMPが分解されきってしまい、血管の広げるにも支障が生じ、血液が海綿体に流れづらくなるのです。

バイアグラは服用して、下半身がすぐに元気いっぱいになり、20代の硬さが取り戻す。通常バイアグラの効果時間は、5~6時間で、効果内で、何度もセックスが行えます。

50mg、100mgと量を増やすと、血中濃度が最大になるタイミングや、半減期は変わらないのがポイントです。これはed治療薬の共通点ですが、錠剤を体内が吸収し始めてから血中濃度がピックになり、徐々に効果が薄れていくのが特徴です。頭痛薬、解熱剤などは、辛い症状をすぐ抑えてくれるのですが、バイアグラの場合は、飲むタイミングとセックスのタイミングを合わせる必要があります。

ただし、一番効果が強いバイアグラですが、副作用のリスクも一番大きい。特に多いのが顔のほてりです。まず間違いなく発現しますので、初めて服用した人はかなり熱を帯びてしまうことにびっくりしてしまうかもしれません。

次いで目の充血、鼻づまりが多く出ます。全て血管広げる作用によるものです。めまいや吐き気も個人差によりますが、催す場合があるので現れた際は無理をしないようにしましょう。これらの症状はバイアグラの効果とともに、消えますので、心配する必要はありません。

また、食事の影響も受けやすいので、空腹状態で服用しなければ効果が半減したり現れにくいことがあります。その点にも注意をし、使用して下さい。使い方に気をつければ大きな味方となるバイアグラです。