勃起のはとても自然なことで、朝でも普通に勃起しますが、大半の人が深く考えたことがないと思います。なぜ勃起できるのか、どんなメカニズムで起こっているのでしょうか

興奮すると自然に勃起できる、イメージがありますが、血流に関わっていると認識されている人もいらっしゃるかと思いますが、その認識はまだ不十分だと言えるでしょう。勃起にはもっと複雑なメカニズムがそこにはあるのです。

勃起のメカニズム


勃起のメカニズム

勃起に関する病気で代表的なものは、EDで、勃起不全とも呼ばれています。患者数も1800万人にも及ぶと言われ、国民病とも言えるでしょう。勃起のメカニズムを知ることで、EDの改善に繋ぎます。勃起へと至るには2種類あるとされています。

まず男性が視覚や触覚など五感によって性的刺激を感じることで、脳が性的興奮を感じます。これを受けた大脳皮質から指令が送られ、中枢が刺激されることによって、勃起します。脳と男性器は直接的には繋がっていないので、勃起神経は勃起のためには非常に重要な神経だと言えます。精神的な興奮がなければ、維持することはできません。

勃起の変化について


勃起の変化について

ペニスには、陰茎海綿体と呼ばれるところがあります。

性的な興奮や刺激を感じると、血液中に一酸化窒素(NO)という物質が増えて血管を膨張させ、サイクリックグアノシン1リン酸(cGMP)というものを作り出し、このcGMPによって海綿体へ血液が流れ込みやすくなり、男性器が大きくなりやすくします。そして、ペニス動脈から大量の血液が海綿体に流れ込み、ペニス背面静脈を圧迫して、固い状態を維持するのです。つまり、動脈と静脈が、非常にバランスよく仕事をすることで起こる身体の現象であると言えるでしょう。

勃起には、血液の流れが非常に重要であるということが分かります。血管を拡張させるためには、一酸化窒素が不可欠ですから、ED治療薬にも、一酸化窒素の分泌を促進する作用が含まれています。更に、副交感神経にも大きく左右されます。

リラックスした状態の時に活発となる自律神経のひとつですが、この副交感神経は、血管を緩める働きも持っています。血管が収縮していては、陰茎海綿体に充分な血液を送り込むことができません。ストレスを感じていたり、緊張していたりすると、うまくいかないことがあるのは、交感神経の方が優位に働き、血管を縮めているためです。物理的な刺激もさることながら、リラックスした優しい気持ちと、相手を思いやる愛情が一番重要であると言えるでしょう。