現在一番人気のバイアグラですが、思いもよらぬ経緯から生まれたのです。実はもともとEDを治療する薬としてではなく、狭心症の治療薬として開発されていたのです。

バイアグラの主成分であるシルデナフィルはイギリスにあったファイザー・サンドウィッチ研究開発と呼ばれるファイザー社から、開発がされていました。1990年代頃、狭心症の治療をおこなうために開発や研究がされていました。

シルデナフィルの由来

シルデナフィルの由来

しかし、何度もじけん臨床試験や研究を繰り返しても、シルデナフィル、予想した効果が実現できなかった。結果、実験開発中止することに決定しました。そのあと、製薬会社が被験者から余ったシルデナフィル錠を回収しようとした時、被験者の多くがなかなか返そうとしませんでした。研究員が理由を問うと、シルデナフィルが勃起を促進する効果が判明しました。そのおかげで、シルデナフィルはED治療薬として、研究にシフトし、1998年1月には、画期的な新薬として発売されることになったのです。発売当初は、夢の薬とまでいわれたバイアグラは、瞬く間に世界中で話題になりました。

日本にも人気が集めました。日本で正式に販売が認可される前から個人輸入をする人が続出し、違法な転売を行う業者も現れました。病院で処方を受けたものではありませんから医師の指導もなく、正確な知識がないまま、硝酸剤と一緒に服用して、重大な健康被害が生じるなど、社会問題化するに至ります。この事態を重く見た厚生省(現在の厚生労働省)では、異例の速さで審査が進み、アメリカで販売された翌年の1999年には日本の厚生省の製造承認がおり3月23日にファイザー社から医療機関に販売がされました。この審査スピードの異例さは、他の外国で開発された医薬品が日本の厚生省に承認を得るまでに10年以上かかることからも理解できるでしょう。

販売されてから15年

販売されてから15年

バイアグラが日本でも正式に販売されてから15年以上が経過しました。バイアグラの特許保護期間が切れたことで、2014年5月には、国内でもバイアグラのジェネリックが販売されるようになりました。一時は、レビトラやシアリスといった後発のED治療薬にシェアを奪われることもあったバイアグラですが、安価なジェネリックが販売されるようになったことで、バイアグラとジェネリックのシェアが再び拡大しています。インターネットや個人輸入などでも多く取り扱いがされているため、それらのルートを通して手に入れている方もいらっしゃいます。今後も、バイアグラは多くの人に愛用され続けていくのではないかと思います。