「ED」は勃起機能の低下という意味を現す「Erectile Dysfunction」の略称です。年に連れて、EDになるリスクも増えています。昔は中年男性から高齢者に多くみられますが、現代では若い人の中にも頻繁にみられるようになっています。EDの原因といえば、それは人によって違いますし、症状に関してもまったく勃起しない人もいれば、勃起はするけどすぐにおさまってしまう人もいます。

早期治療に越したことはない

ちなみに、メタにないですが、生まれてからEDであるケースもあります。このタイプは「一次性インポテンツ」と呼ばれます。そして、それ以外の原因によって引き起こすEDを「二次性インポテンツ」と呼びます。
一次性インポテンツは男性ホルモンの量がある程度に足していないです。二次性インポテンツは年齢を重ねるごとに衰えていく、からだの血流が悪化するためです。

現代社会では青少年でもよくEDがみられていて、その原因として一番大きいのが心因性の要素になります。社会的なストレスから統合失調症といった要素には十分に注意していかなければいけません。

他にも「恋愛インポテンツ」や「新婚インポテンツ」というEDの分類があります。たとえば新婚インポテンツというのは結婚するまでは正常に性行為ができていたのに、セックスレスなどが原因でEDになる場合があるのです。

早期治療に越したことはない

早期治療に越したことはない

どんなタイプのEDにしても、もし、自分がEDだと疑うなら、早めに専門の医療機関で受診してください。EDにかぎらずどんな病気でもいえることですが、早めに発見、早めに治療のほうが効率的です。

また、体調によっては、今日はたまたま元気がなく、て勃起しなかっただけ、中折れしてしまっただけだと考えて、そのまま放置する人がいると思います。EDをずっと放置している場合はどんな結果?

気になるところですが、「心因性ED」は心理的なことによって引き起こすため、からだの機能の自体に問題がなければ自然治癒することも可能ですが、身体が原因の「器質性ED」はからだの機能が衰弱して、起こってしまっているため、放置していると症状が悪化し、治療しにくくなります。最悪の場合はマスターベーションもできなくなってしまう可能性があります。

そのためEDかどうかの迷うにしても、早期治療を心掛け、医師からカウンセリングを受けたり、バイアグラなどの治療薬を利用することがオススメです。