バイアグラは1998年1月に世界有名な大手のアメリカに拠点を置いているファイザー製薬会社から、発売されたED(勃起機能の低下などの意味)治療薬です。

バイアグラ20mg

もともと狭心症・心臓病治療薬として開発された特効薬ですが、開発途中のバイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルという名から、心臓の血液増加や血行よくする効果が分かりました。第一次での臨床実験では狭心症にあんまりいい効果が残さず、実験を中止しました。

そのあとに、被験者から薬剤の返却を申請した時に、多くの患者から拒否して、もっと欲しがってる方もいます。その事情を調べて、ある意外な効果が判明しました。それはバイアグラの主成分クエン酸シルデナフィルにはEDを改善する効果が持っていることを発見し、それで、4年間の間を渡って、世界初のED治療薬として、開発されました。

バイアグラは泌尿器科や内科、医療機関へ行くと簡単に購入できます。ED治療薬の処方に恥かしいと思う方はネットの通販サイトから入手できます。

医療機関でバイアグラなどのED治療薬を処方してもらうメリットとしては、なにか疑問があれば、副作用がどう処理すればいいのかに迷う場合は、医師と相談できるというところです。

ただ、日本ではED治療薬は保険適用外のお薬なので、ほかの薬と比べてでかなり高価です。1錠ずつ購入することもできますが、1錠あたり25㎎で2000円、50㎎で2500円程になります。

バイアグラの使用は1日1回で、最大100mgまで、10日間分処方してもらうとなれば25㎎・50㎎で1万円以上することとなります。金が余裕であるかたは、医療機関で処方するほうが安心でしょう。金に困る方はネットで購入するほうが経済的です。

バイアグラの種類


バイアグラの種類
バイアグラ菱型の青色が特徴になっている錠剤で、有効成分はシルデナフィルクエン酸塩が使用されています。

・25mg
・50mg
・100mg

上記3つの用量規格があり、1999年に日本で認可された用量は、25mg/50mgの2つが処方されています。
ネットの通販では主に100mgが利用されており、身体の大きさが関係しています。

保険の適用がないのも特徴で、診察~薬の処方まで自費負担になるので、思わぬ金額にビックリする方も少ないありません。
ちなみに1錠は1300円程です。