最初のED治療薬バイアグラはED患者の救世主と言っても過言ではありません。その人気がゆえに、多くの製薬会社が次々とバイアグラのジェネリック医薬品を開発、製造しました。

ジェネリックというのは薬が開発されてから、他の企業が特許のすでに終わった、後発的に、同じ成分を用いて製造・販売した後発医薬品のことをあらわします。既に効果も証明され、成分も把握していることから開発費やある試験など大幅に抑えるだけでなく、研究費を削減することができます。

研究費を軽減できるということから、製造されるジェネリックの価格もかなり抑えられており、バイアグラの効果を求めて、安い値段で薬を入手する事ができ、バイアグラに関していえば10分の1程度の価格になります。これまでよりも費用負担を減軽することができます。

バイアグラの特許は物質特許が2013年5月17日に切れて、用途特許が2014年5月13日に切れています。2014年5月以降は多くの製薬会社がバイアグラのジェネリックを作り、日本国内でも国内大手後発品メーカーである東和薬品やキッセイ薬品工業などによりバイアグラジェネリックが発売開始されました。

これまでバイアグラを始めとしたED治療薬は特許期間中であったため、これらのジェネリックも作ることができませんでした。しかし、バイアグラは2014年5月に特許が切れたため、現在はジェネリックを作ることができるようになっているのです。ただし、バイアグラジェネリックも薬価が定まっていない自由診療であるため、各クリニックによって価格が異なることは覚えておきましょう。

バイアグラのジェネリック医薬品について


バイアグラのジェネリック医薬品について、現在流通しているのがほとんどインド製品、日本国内ではまだ、処方されていません。購入する手段としてはネットの通販を通じて入手できます。

人気なジェネリック医薬品として、カマグラ、ペネグラ、カベルタ、シラグラの4つがあります。ジェネリック医薬品に対して、不安を持ってしまう方も決して少なくないと思いますが、国内で、ジェネリック医薬品を推奨するということkら、ジェネリック医薬品の安全性が示されているとも言えます。ジェネリック医薬品について正しい知識を身に付けた上で、より経済的に使用することもできます。これからその4つについて詳しく紹介します。

カマグラ

カマグラ

カマグラとは、インドの製薬会社Ajanta Pharma Limitedが製造及び販売しているバイアグラのインド製ジェネリック医薬品です。インド国内用で発売されている「カマグラゴールド」と輸出用の「カマグラ」の2種類があり、有効成分はどちらもバイアグラと同じシルデナフィルです。

カマグラの飲み方は他のバイアグラジェネリックと一緒ですが、他のED治療薬と比べても固さや持続時間に関しての効果が高いといわれています。こちらもバイアグラと同様で、実際の服用後30分~45分程度でEDに対する効果が出始める事が多く、勃起の持続時間は4~6時間程度となっています。

先発薬であるバイアグラに比べて、カマグラは価格が抑えられています。通常バイアグラを購入する場合、1錠50mgで1500円~2000円程度です。

通常バイアグラを購入する場合、1錠50mgで1500円~2000円程度です。カマグラは、同量だと相場で200円~300円程度となっており、比較すると約10分の1とかなり費用的な負担が軽減出来ます。

カマグラは1錠が50mgと100mgの2種類の用量で販売されており、実はこの2つ価格が変わりません。欧米と日本の成人男性の体格には差があり、100mgのものは欧米の方が使用してちょうど良いサイズとなっています。体格の小さい日本人向けには50mgがベストで、十分に効き目があります。その裏付けに国内で処方されるバイアグラは50mgの錠剤が最大のものとされています。

ペネグラ

ペネグラ

ペネグラは、「シルデナフィル」を主成分としたインドの Zydus Cadila 大手製薬会社が製造しているジェネリック薬剤です。2014年3月に日本から撤退したが、ザイダス社自体はこれだけのしっかりとした会社ですから今でも世界60カ国以上でザイダス社のジェネリック医薬品が各国の公的機関から認可を得て販売されています。

ペネグラはバイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩を含有しているので、効果や副作用、安全性、信頼性も同じです。さらに価格は安価で十分な勃起効果を期待できます。違いはシルデナフィル100mgの製剤といったところでしょう。日本のファイザー社が販売するバイアグラは50mgまでの製剤しかありません。

性行為の際に、勃たない・中折れしてしまうという悩みを改善してくれるED治療薬です。通常、アスランス服用後、30分程度で効果があらわれ、使用から最大で4時間効果が持続します。※アスランスの効果は個人差もあり、服用量や、その日の体調や精神状態によって違います。

ちなみに、ペネグラには性欲増進効果や性感染症(STD)予防効果はありません。また精液を増やす効果もありません。

カベルタ

カベルタ

カベルタはインド最大の製薬会社である、ランバクシー・ラボラトリーズ社(Ranbaxy Laboratories Limited)が製造されたジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品では全世界で10位以内に入る規模の会社です。工場は世界7か国にあり120か国以上で医薬品を発売しています。

カベルタはバイアグラと同じ成分で、同じ効果のように製造されています。使用することで、陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくし、十分な勃起に導き、強く長い勃起状態を得ることが可能になります。性的刺激を受けてから、すぐに勃起をサポートしてくれます。

副作用においで、よく見られるのは皮膚発疹などのアレルギー症状、顔のほてり、血管の拡張作用による頭痛、動悸、血圧低下によるめまい、消化不良などです。その他には、鼻づまり・視覚異常・興奮・不眠・下痢などの症状があります。

これらの副作用、どれも一時的なもので、効果切れるに連れて軽くなり、一定時間を経過した、まだ違和感を感じる場合は、すぐ病院で診察を受けてください。また、カベルタの服用は、低血压事を招く可能性があります。故防止のために自動車の運転は控えるようにしょう。

 

シラグラ

シラグラ

シラグラは、あのインド有名な製薬会社シプラ社(cipla Inc.)が販売されたジェネリック医薬品です。シプラ社は、インド国内で売上高が第2位の大手製薬メーカーで、国際的な信頼できる会社です。

シラグラはバイアグラと同じ有効成分シルデナフィルクエン酸塩を含んで、ED治療薬と比べて、勃起に対する効果が高いのが魅力。服用してから効果が出始める時間も短く、膨張率も高くなるため、満足度はダントツです。さらに価格は5分の1程度と、非常に安く購入できるところがメリットです。それは、インド国内では医薬品の特許に関する取り締まりの緩さが影響していて現状ではバイアグラの開発元であるファイザー社に特許料を支払うことなく製造、販売ができてしまっているからです。

弱点として、持続時間が短めなことがあげられますが、それでも5時間以上なので性行為には十分です。また、最近、海外通販でのシラグラの偽物が多数報告されています。シラグラの購入は信頼できる個人輸入業者からの購入をお勧めします。